土地の決定
当社「建築条件付き土地」以外で土地をご購入されるお客様は、「土地を探す」ところから開始されると思います。
土地の予算を決め、住みたいエリアの不動産会社への声がけや、検索サイト利用も幅広い物件情報を入手しやすくなる手といえます。
融資で土地購入する際建物プラン提示が必要な場合もありますので、イメージする建物を建てるための土地をお探しする事からお手伝いさせて頂きます。

現地をチェックする

  • 交通の利便性をチェック(最寄り駅までの所要時間を車や徒歩などで体感してみる)
  • 周辺の住環境をチェック(騒音・臭い・街並み・防犯・防災など)
  • 生活の利便性をチェック(買い物施設・医療施設・金融施設・行政機関など)
  • 子育て・教育環境をチェック(保育園、幼稚園、小学校、中学校などの通いやすさ・遊び場の有無など)
  • 曜日や時間帯を変えて現地を見て見る
地盤調査
地盤調査とは、建物を建設できるかどうかを判断するため地盤の強度を測定する検査のことです。
対策必要アリと判定が出た場合は地盤改良工事をすることになります。一番適した改良工事で対策させて頂きます。

スウェーデン式サウンディング試験

当社は「スウェーデン式サウンディング試験」を採用しており、調査としては先端にドリル状の部品(スクリューポイント)がついた鉄の棒(ロッド)を地中にねじ込んで地盤の強度を測定します。
正確な地盤データを取得し、調査結果を元に地盤状況に合った対策をご提案させていただいております。

・改良無し、ベタ基礎判定が出た場合は基礎工事へ進みます。
・要改良工事の判定が出た場合は適した改良工事を行います。

改良工事

場合当社では「鋼管杭圧入工法」を用いて地盤改良工事を行います。
鋼管杭圧入工法は、鋼管で地中から建物を支える地盤改良工事のことで地中30mまでの地盤補強が可能で、地中深くにある固い地盤に鋼管の杭を打って建物を安定させます。
また、地盤が強く地表面から比較的浅いところに軟弱な層がある場合は、セメント系固化材と原地盤を混合攪拌し転圧(締固め)により地盤を改良する「表層改良工法」を行います。